九州北部税理士会〜 オンデマンド研修 〜

テーマ税理士のための事業承継対策1
講師税理士 宮森俊樹 氏 (※所属部署、役職は収録日現在のものです)
会 場【福岡】ソラリア西鉄ホテル
研修時間5.0 時間
配信日 2018年12月03日 〜 2019年12月02日
購入
オンデマンド研修は九州北部税理士会の会員のみご利用頂けます。
購入の際には、会員確認のため「登録番号」が必要となります。
※原則 購入後のキャンセルはできません
▲このセミナーの受講料を支払っていない方

開催日平成30年10月23日(火)
講師税理士 宮森俊樹 氏 (※所属部署、役職は収録日現在のものです)

  • 昭和38年 福島県生まれ
  • 昭和63年 大原簿記学校税理士課法人税法科専任講師
  • 平成4年 右山昌一郎税理士事務所入所
  • 平成8年 税理士登録
  • 現 在
    税理士法人右山事務所代表社員・所長
    東京税理士会会員講師,日本税務会計学会税法部門副学会長,
    税務会計研究学会委員,日本租税理論学会委員,中小企業支援部委員


内容

税理士のための事業承継対策1
Q&Aでわかる事業承継税制の実務~贈与税を中心として~

 

平成30年度税制改正では、事業承継税制の特例制度として、中小企業経営者の高齢化に対処するため、対象株式数の上限の撤廃(2/3→3/3)、納税猶予割合の拡大(80%→100%)、雇用平均8割要件未達成でも納税猶予を継続可能、売却額及び廃業時の評価額をもとに納税額の減免制度が創設されます。

これらの改正事項について現行の事業承継税制及び改正後の事業承継税制の特例の内容を図解により提示しながら、その実務上の対応や誤りやすい落とし穴につき明快に解説します。

Ver3.1.1