九州北部税理士会〜 オンデマンド研修 〜

テーマ取引相場のない株式の評価要領
講師税理士  小寺新一 氏 (※所属部署、役職は収録日現在のものです)
会 場【福岡】ソラリア西鉄ホテル
研修時間5.0 時間
配信日 2018年09月14日 〜 2019年09月13日
購入
オンデマンド研修は九州北部税理士会の会員のみご利用頂けます。
購入の際には、会員確認のため「登録番号」が必要となります。
※原則 購入後のキャンセルはできません
▲このセミナーの受講料を支払っていない方

開催日平成30年7月25日(水)
講師税理士  小寺新一 氏 (※所属部署、役職は収録日現在のものです)

昭和 47 年関西大学法学部卒業。

同 47 年大阪国税局採用、以降、主に資産課税事務に従事し、資産評価官、岸和田税務署長、国税審判官、八尾税務署長などを歴任し、平成21 年7 月大阪国税局退職。平成 21 年9月税理士事務所開設。

主要著書「税務署を納得させる不動産評価の実践手法(共著・実務出版)」「税務否認を受けない広大地の評価手法(実務出版)」など


内容

取引相場のない株式の評価要領

取引相場のない株式の評価は、財産評価の中でも特に難解であるとして敬遠されがちな分野です。

そこで、取引相場のない株式の評価の方法や留意事項などを、評価実務に活かすことができるように、全般的な評価の仕組みと評価明細書の作成に当たって留意すべき事項をご理解いただけるように実践的な観点から解説をいたします。

具体的には、「取引相場のない株式の評価明細書」の(第1表の1)から(第8表)を使用し、これらの作成の順に従って取引相場のない株式の評価明細書の各項目の記載の要領とその留意事項を説明するもので、この研修の成果を先生方の評価実務に役立てていただけるようにしたいと思います。

また、本研修は、取引相場のない株式の評価要領に関する解説を中心に行うものですが、相続税に係る株式対策の要諦についても触れます。

Ver3.1.1